シュゲール トップ陶芸 > 6.下絵付け
6.下絵付け
陶画のり
陶画のりは液体のゴムです。空気に触れると固形のゴムへと変質するため、 施釉時などに釉薬を部分的に塗りたくない場合に使用します。
色抜きしたい部分にゴムの液体である陶画のりをぬります。
使用する道具 :
乳鉢 90mm ・ ローケツ筆 中
陶画のり

陶画のりが固形化した後、下絵付け絵の具(ここでは鬼板(焼))を全体に塗ります。
使用する道具 : 下絵付け絵の具

鬼板が乾くのを待ちます。

/a>
線描ベラ NO.3(はり)でひっかけて陶画のりをはがします。ある程度剥がれたら指を使って全部剥がしきります。

F−19 酸化志野釉をかけます。
本焼き 施釉 下絵付け 素焼き 削り 成形 練り 粘土の用意
◆ GW 長期休業のお知らせ

2017年5月3日(水)〜7日(日)まで、長期休業とさせていただきます。
この間、出荷業務、在庫確認や商品に関するお問合せ等の対応を休止させていただきます。

オンラインのショップ自体は運営しておりますので、ご注文やお問合せはお受けしておりますが、ご注文の対応、在庫確認、商品に関するお問合せ等には、2017年5月8日(月)以降に順次対応させていただきます。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をいただきますよう宜しくお願い申し上げます。

PAGE TOP