シュゲール トップ陶芸 > 6.下絵付け
6.下絵付け
陶画のり
陶画のりは液体のゴムです。空気に触れると固形のゴムへと変質するため、 施釉時などに釉薬を部分的に塗りたくない場合に使用します。
色抜きしたい部分にゴムの液体である陶画のりをぬります。
使用する道具 :
乳鉢 90mm ・ ローケツ筆 中
陶画のり

陶画のりが固形化した後、下絵付け絵の具(ここでは鬼板(焼))を全体に塗ります。
使用する道具 : 下絵付け絵の具

鬼板が乾くのを待ちます。

/a>
線描ベラ NO.3(はり)でひっかけて陶画のりをはがします。ある程度剥がれたら指を使って全部剥がしきります。

F−19 酸化志野釉をかけます。
本焼き 施釉 下絵付け 素焼き 削り 成形 練り 粘土の用意

PAGE TOP